Top >  りんご病の大人版 >  りんご病の大人版。子供の症状より重くなる!

りんご病の大人版。子供の症状より重くなる!

りんご病は、幼稚園児や学童期の子供に起こりやすい病気ですが、
実は大人も罹患することのある疾病です。ここでは、大人がりんご病に
かかった場合のことを紹介します。



【大人のりんご病】

りんご病(伝染性紅斑)はヒトパルボウイルスB19によって起こる感染症です。
最も特徴的な症状は発疹です。発疹は顔、腕、大腿などに出ますが、
約一週間ほどで何もしなくても消えていくのが通常です。

ウイルスに感染してから、1週間ほどして発熱が起こったり、のどが
痛くなったり、という風邪様症状が起こり始めます。この時、強い症状では
ないので軽視されがちですが、実はこのときが一番強い感染力を持ちます。

風邪様症状が起こった後、顔や体に発疹・レース様発疹が出始めます。
その状態が、続いた後に、やがて軽減してなんともなくなるのが普通です。

しかし、大人のりんご病の場合は、少し症状の経過が違います。
端的に言うと、大人のりんご病のほうが”症状がひどい”と言えるのです。

まず、大人が罹患した場合、頬や体に発疹がでるまえに、発熱・倦怠感・
関節痛・筋肉痛・むくみなどの多彩な症状が起こることが多いです。
しかも、その症状は子供が起こすよりも強う長引く傾向があります。

特に、関節炎が起こった場合、全身の関節痛がしばらく続くこともあり、
仕事に支障が出ることもあるようです。

発疹の出方ですが、大人の場合は頬の発疹が少ししか出らず、
手足の発疹の方が多く出ることが多いようです。そのため、自分がりんご病に
かかっている、ということに気づかずに過ごしてしまう方も多いです。

約1週間で顔や身体の発疹は消えることが多いですが、その後も特に大人の方は
発疹が起きやすい状況が続きます。日光に当たったり、体が温まったりすると、
同様の発疹が再発することが多いのです。

スポンサードリンク

その他りんご病,大人,症状,関節炎,発疹の情報

りんご病に関するコラム。成人の友達が症状発生!
りんご病の症状が出始めたのは何時頃だかあまり記憶にないのですが、
友達が成人になってから、りんご病になってしまったという事がありました。

りんご病とは?伝染性紅斑病とは?感染症の一つ
りんご病という病気を知っていますか?正式には、伝染性性紅斑というのが
正しい病名で、りんご病という名は、その症状から付けられた名前です。
りんご病について、説明します。

りんご病の症状について
りんご病の症状は、簡単に言うと、ほっぺがりんごのように赤くなります。
そのため、このウイルス性疾患が”りんご病”と呼ばれているのです。
ここでは、この病気の詳しい症状と経過を紹介します。

りんご病の治療について。お風呂や運動に注意
リンゴ病(伝染性紅斑)は、初夏から秋にかけて、特に幼稚園や保育園、
学童に多い疾患です。 頬に赤い斑点が出るので、リンゴ病と呼ばれますが、
実はウイルスによる疾患であることが知られています。

りんご病の子供版。熱と発疹に注意!
りんご病は別名伝染性紅斑といい、ヒトパルボウイルスB19というウイルスに
引き起こされる病気です。幼児期から学童期にかけての子供にかかる病気で、
両方の頬が一度に赤くなることからその名前がつきました。

りんご病と妊婦。薬の服用は禁物です。
りんご病(伝染性紅斑)は、ヒトパルボウイルスに感染して2週間程度で、
症状は緩解し、特に後遺症を起こすようなこともありません。
放っておいても、自然と治ってしまう病気なのです。


りんご病の大人版

りんご病の大人版。時として性機能が働かなくなる場合も。

関連エントリー

りんご病の大人版。子供の症状より重くなる!