Top >  りんご病の治療 >  りんご病の治療について。お風呂や運動に注意

りんご病の治療について。お風呂や運動に注意

リンゴ病(伝染性紅斑)は、初夏から秋にかけて、特に幼稚園や保育園、
学童に多い疾患です。 頬に赤い斑点が出るので、リンゴ病と呼ばれますが、
実はウイルスによる疾患であることが知られています。



原因ウイルスは、ヒトパルボウイルスB19,B19ウイルスです。
このウイルスに初めて感染したときに、りんご病と呼ばれる症状が出るのです。
ここでは、この疾病の治療方法について紹介します。


【リンゴ病(伝染性紅斑)の治療法】

ヒトパルボウイルスは、通常経気道感染(唾液や鼻水を介して感染)します。
稀ですが、輸血などの血液を介して感染することもあるといわれています。

ウイルスの潜伏期は約1~2週間で、頬に発疹が出る前の時が、
他者に対する感染力が一番強いときであるため、実際に頬に症状が出始めても、
積極的に治療をすることはありません。

頬の発熱感や痒み・身体の発疹が起こって、それを患児が痒がることは
ありますが、健康な子どもがかかった場合、ほとんど何事もなく治ります。

そのため、治療の仕方というものはあまり確立しておらず、
痒みがひどいときには痒み止めを、湿疹を掻き毟ってしまった時には
塗り薬を、という対症療法が行われているのみです。



【りんご病の時の生活】

実際に症状があるとき、積極的な治療を行うことはできませんが、
家庭で気をつけられることを紹介します。

生活は基本的に通常通りで構いません。保育園や学校にも通常通りに
登校して問題ありません。食事もいつもと同じでOKです。

気をつけたいのは、入浴と運動です。入浴しても問題はないのですが、
お風呂に入ってからだが温まると、発疹の赤みとかゆみが強くなるので、
長風呂を避けましょう。シャワー程度にしたほうが良いでしょう。

また、運動も普通通りに行ってよいのですが、汗をかいたり、日光にあたると
赤みとかゆみが強くなることもあるので、そのような症状があれば、
控えるように注意しましょう。

スポンサードリンク

その他りんご病,治療,症状,ウイルス,病気の情報

りんご病に関するコラム。成人の友達が症状発生!
りんご病の症状が出始めたのは何時頃だかあまり記憶にないのですが、
友達が成人になってから、りんご病になってしまったという事がありました。

りんご病とは?伝染性紅斑病とは?感染症の一つ
りんご病という病気を知っていますか?正式には、伝染性性紅斑というのが
正しい病名で、りんご病という名は、その症状から付けられた名前です。
りんご病について、説明します。

りんご病の症状について
りんご病の症状は、簡単に言うと、ほっぺがりんごのように赤くなります。
そのため、このウイルス性疾患が”りんご病”と呼ばれているのです。
ここでは、この病気の詳しい症状と経過を紹介します。

りんご病の大人版。子供の症状より重くなる!
りんご病は、幼稚園児や学童期の子供に起こりやすい病気ですが、
実は大人も罹患することのある疾病です。ここでは、大人がりんご病に
かかった場合のことを紹介します。

りんご病の子供版。熱と発疹に注意!
りんご病は別名伝染性紅斑といい、ヒトパルボウイルスB19というウイルスに
引き起こされる病気です。幼児期から学童期にかけての子供にかかる病気で、
両方の頬が一度に赤くなることからその名前がつきました。

りんご病と妊婦。薬の服用は禁物です。
りんご病(伝染性紅斑)は、ヒトパルボウイルスに感染して2週間程度で、
症状は緩解し、特に後遺症を起こすようなこともありません。
放っておいても、自然と治ってしまう病気なのです。


りんご病の治療

りんご病の治療について。感染させないようにおとなしくしていましょう

関連エントリー

りんご病の治療について。お風呂や運動に注意